永住許可を受けるためのビザの最長期間について

本日より、改正入管法が施行されました。

改正入管法では、一部の在留資格について、最長の在留期間が「5年」となっています。

この点に関連して、永住許可の要件の一つとして「最長の在留期間をもって在留していること」(『永住許可のガイドライン』1(3)ウ)とされていることから、「5年」の在留資格を新たに得なければならないのかという疑問が生じていたところです。

 

この点につき法務省入国管理局より、「当面、在留期間『3年』を有する場合は,前記1(3)ウの『最長の在留期間をもって在留している』ものとして取り扱うこととする。」という内容が公表されました。

 

これにより、現時点で3年の在留期間をお持ちの方はもちろん、これから在留期間更新の許可を受けて3年の在留期間をもらった方についても、他の要件が整えば永住許可を受けることが可能になります。

 

 

サイト内検索

Loading

サイト運営者

下川原行政書士事務所

〒252-0001

神奈川県座間市相模が丘

1丁目36番55号

クリオ小田急相模原弐番館

109号室

TEL: 046-298-5350
FAX: 046-298-5360

 

>>下川原行政書士事務所ウェブサイトはこちら

 

 

業務対応エリア

神奈川県(座間市・相模原市・大和市・綾瀬市・海老名市・厚木市・藤沢市・横浜市(瀬谷区・旭区・保土ヶ谷区・西区・中区・泉区・緑区・青葉区など)・川崎市(麻生区・多摩区・宮前区など)・寒川町・平塚市・伊勢原市・愛川町・清川村など)、東京都(町田市・多摩市・稲城市・狛江市・八王子市・世田谷区・新宿区など)

その他場合によっては上記以外の地域でも対応可能です。ご相談ください。

 

自動翻訳機能ですので、翻訳が不十分な場合もあります。あらかじめご了承ください。