在留資格変更許可申請

■日本での活動内容を変更したい場合には

留学生の方が日本で就職する場合、日本で働いてる方が日本人と結婚する場合など、
在留資格で定められている活動を変更しようとする場合には、
在留資格変更許可(Permission to Change Status of Residence)の申請をすることが必要です。

 

変更許可が必要な例


日本への留学生が日本企業へ就職する場合
日本で働いてる方が日本人と結婚する場合
日本人と結婚していた方が離婚して、引き続き日本にいたい場合
技術者が通訳になるなど、仕事内容が大幅に変わる場合
日本で働いている方が、独立して会社の経営者となる場合 など

 

いずれの場合でも、変更後の活動が別の在留資格に当てはまるものでなければなりません。

 

■下川原行政書士事務所の取次ぎ申請サービス

下川原行政書士事務所では、お仕事などにお忙しいお客様に代わって、入国管理局への在留資格変更許可申請を代行いたします。この手続は不許可になることも多いため、事前に許可される可能性についてコンサルティングを行います(ただし、結果を保証するものではありません)。

<業務の流れ>

  1. まずは当事務所へご相談ください。 
    電話:046-298-5350(平日10時~18時)
    またはお問合せフォーム
  2. 当事務所にお越しいただくか、お客様のもとへ訪問のうえ、申請をされる外国人の方について、詳しくお話を伺い、許可の可能性についてコンサルティングを行います。
  3. 可能性の程度についてお客様が納得されたうえでご依頼いただいた場合には、着手金をお支払いいただいたうえで必要書類を提示させていただきます。
    (振込先)
    ・ご依頼をいただいた際にお知らせいたします。
    (必要書類)
    ・在留資格により、必要書類は異なります。
  4. 適宜必要書類をお預かりしながら、当事務所にて申請書及び申請理由書を作成します。また、外国語の公文書については日本語訳も作成いたします(言語によってはお客様で手配していただく場合もあります)。
  5. 準備が整いましたら、当事務所にお越しいただくか、お客様のもとへ訪問のうえ、申請書及び申請理由書の内容をご確認いただき、申請書にサインをいただきます。お客様には報酬額の残金をお支払いいただきます。
  6. 当事務所にて入管へ申請をいたします。
  7. 変更が許可された場合には、パスポートへ証印を受領のうえ、お客様へお届けいたします。
    残念ながら不許可の場合には、入管へ同行して不許可理由を聴いたうえ、再申請の可能性についてコンサルティングをいたします。

 

■必要費用

在留資格変更許可申請取次報酬 105,000円(税込)

※翻訳文書が6ページ以上になる場合には、別途翻訳料をいただきます(1ページあたり4,200円)。

 

証印手数料 4,000円
※手数料は、交付された場合に入国管理局へ納める費用です。

 

再入国許可申請も同時に申請される場合は、取次報酬を5,250円で承ります(証印手数料として1次3,000円、数次6,000円も必要)。

 

(例)翻訳が必要な文書が6ページ分ある在留資格認定証明書交付申請をご依頼の場合(再入国許可申請なし・証印手数料込み)・・・合計113,200円

 

■お問合せ・ご依頼は

お問合せ・ご依頼は、下川原行政書士事務所へ
(メール受付:24時間OK、電話受付:10:00~18:00)
TEL:046-298-5350
MAIL:問合せフォーム

サイト内検索

Loading

サイト運営者

下川原行政書士事務所

〒252-0001

神奈川県座間市相模が丘

1丁目36番55号

クリオ小田急相模原弐番館

109号室

TEL: 046-298-5350
FAX: 046-298-5360

 

>>下川原行政書士事務所ウェブサイトはこちら

 

 

業務対応エリア

神奈川県(座間市・相模原市・大和市・綾瀬市・海老名市・厚木市・藤沢市・横浜市(瀬谷区・旭区・保土ヶ谷区・西区・中区・泉区・緑区・青葉区など)・川崎市(麻生区・多摩区・宮前区など)・寒川町・平塚市・伊勢原市・愛川町・清川村など)、東京都(町田市・多摩市・稲城市・狛江市・八王子市・世田谷区・新宿区など)

その他場合によっては上記以外の地域でも対応可能です。ご相談ください。

 

自動翻訳機能ですので、翻訳が不十分な場合もあります。あらかじめご了承ください。